緊急対応可能!携帯でお金を借りられます。

予定外支出に迫られたり、支払い期限が今日だったりと、今すぐお金が必要だという緊急事態に陥ることもあるでしょう。出先で周囲に家族や友人がおらず、お金を借りることができないということもあるかもしれません。そういう場合は、カードローンやキャッシングに申し込むという手があります。申し込みはネットででき店舗に出向く必要がありません。必要事項を記入して送信すれば、最短で即日口座に入金してもらうことも可能です。ネット環境にない場合は、携帯で電話して申し込むということもできます。

 

さらに、普段から利用している銀行なら、ローンカードの発送を待たず、いつも使用しているキャッシュカードにカードローンの機能を付けてもらうということができる場合があります。つまり、審査に通過すれば、すぐにATMでキャッシングできるようになるというわけです。ただし、金融機関によって審査の時間が異なります。営業時間内と指定している場合は、午後の遅い時間の申し込みでは即日対応できないことがあるので注意が必要です。その場合は、無人契約機などを設置している消費者金融を利用するのが便利です。時間外であっても審査をしてもらえ融資を受けることができます。

 

【旦那に内緒】専業主婦がバレないでキャッシング!

お金を借りる場合は家族にも相談しておきたいですが、できれば家族にも知られずに借入したいと考える人も少なくありません。親にばれない、旦那に内緒で借入を行うのであれば、カードローンやキャッシングがおすすめです。

 

まず、多くの業者は来店だけではなくインターネットからの手続きに対応していますので、来店しているところを知人や家族に知られる心配はありません。バレずに借入をするならインターネットからの手続きがおすすめです。とはいえ、電話連絡などでバレない、と心配な人もあるかもしれませんが、連絡先を固定電話ではなく自分の携帯電話番号やメールアドレスにしておけば、家族が電話を取るということもありません。

 

郵送物などでバレるのではという心配もありますが、明細書も今は郵送ではなくインターネットから閲覧できますし、カードも郵送ではなく、自動契約機などで発行させれば家族が受け取るという心配もありません。銀行カードローンなら、キャッシュカードにキャッシングの機能を付けてもらうこともできますので、新たにカードを発行させる手間もなくなります。返済が遅れるなどのトラブルがあった場合は自宅に何等かの形で連絡がくる可能性もありますので、返済は忘れずきちんと行っておくことも大事です。

ゆうちょで銀行カードローンのような商品はある?

消費者金融以外でも急にお金が必要になった時には銀行系の銀行カードローンでお金を借りることができます。銀行でお金を借りる場合は、ATMでの申し込みと手続きをして審査に通ればキャッシングできるようになるのですが、その銀行の口座を持っていて給料振込に利用していたりと日ごろから取引を行っていると比較的借りやすくなります。

 

メガバンクや地方の信用金庫以外でもゆうちょや農協などでもキャッシングできるので、口座を持っておくとよいかもしれません。特に郵便局は全国にどこにでもあるので便利です。銀行系の銀行カードローンを利用する方法は、ATMでの申し込みのほかにインターネットを利用した方法があります。インターネット申し込みの場合は自宅のパソコンやスマートフォンから手続きを行うことができ、時間に関係なく24時間受け付けてもらえるので便利です。また銀行に口座を持っていてキャッシュカードを利用していると、新たに口座を開設したり銀行カードローン専用のカードを作る必要がないから、審査に通ればすぐにキャッシングできるメリットもあります。その他にも住宅や教育、自動車を購入するなどのその都度審査を受ける必要がありますが、用途別にローンを組むことも可能です。

 

消費者金融と銀行の違いとメリット・デメリット

中堅の企業に勤めいるサラリーマンや中小企業の経営者などの比較的収入が不安定な人の場合、大手銀行などから融資を受けることは難しく急にお金が必要になった時に困ってしまうことがよくあります。中小企業で働くビジネスパーソンや中小企業の経営者などが突然お金が必要となった場合に利用を勧めたいのが大手消費者金融のカードローンやキャッシングサービスの利用です。

 

大手消費者金融のカードローンやキャッシングサービスは一定以上の勤続年数があり毎月安定した収入があれば職業に関係なく契約ができるので、多くの人が便利に契約できると考えられるのです。
消費者金融のサービスは様々な申し込み方法があるのですがその中でもおすすめなのがインターネットから申し込みを行い、そのままネットで手続をして契約を完結させるWeb完結という方法での申し込みと契約です。

 

ネットからの申し込みであれば原則24時間365日申し込みができるので忙しいビジネスパーソンでも無理なく申込みができます。また最短で即日審査結果の連絡が届きますし、最短で即日融資を受けることも可能です。契約の際に必要となる書類も原則本人確認書類のみなので、少ない手間で契約と借入ができます。

お金を借りるQ&A

キャッシングと年齢の関係は?年齢を気にせずに借りられる?
クレジットカードを発行する場合、利用年齢に下限があります。何歳からと言うと最低年齢は『18歳から』です。それ未満の方はクレカ契約・発行はできません。また、18歳と言いましても高校生は除きますから注意しましょう。表現の仕方を変えると、中学校卒業から働いていて、18歳になった場合は借りる事が出来ます。しかし返済能力があるか無いか問われますから、月々に得る収入は15万以上は欲しいところです。未成年で収入も少ない、16歳でも借りる事ができるという所は不自然です。闇が関与していますから、そのような所を発見したら無視しましょう。利用すると脅迫的な返済要求が来たり、取り返しの付かない事態が発生するでしょう。
お金を借りるのに電話なしで申し込みする方法はありますか?
お金を借りたいけれど、在籍確認で会社に電話がかかってくるのは絶対に嫌だという人もいるでしょう。勤務先に連絡が入り借金することがバレてしまうのを避けたいという場合には、電話なしで在籍確認をしてもらうという方法もあります。金融業者によっては、会社の社員証や源泉徴収票、給与明細などで在籍確認の代わりにしてくれる場合があります。ですので、審査の申し込みの際に勤務先に連絡なしの在籍確認をお願いしてみるとよいでしょう。審査方法は金融業者によってまちまちですので、もし断られた場合は諦めずに、ほかの金融業者にトライしてみることをおすすめします。在籍確認のために会社に電話しない金融業者がみつかるかもしれません。
利息なしでお得にお金を借りたい場合の対処方法は?
金融業者は利息や利子で営利を得ている様子が顕著です。言い方を変えれば契約されたお客さんが支払いの延滞をして支払うべき金額が増すと会社側のメリットになります。分割払いをしても利用した分の支払いはともないますから知っておくべきです。しかし、仲には利息なし・無利息というサービスを行っている金融業者が存在します。各会社や企業によって様子は異なりますが、一回払いなら無利息、初回に限り利子なしといったサービスもあるのが魅力的です。期間限定で最高数回は利用料金がかからない、お客さんの負担もないというメリットも見逃せません。大きな利益を回収していて、利他的な企業のとの契約を狙うと良いでしょう。お客さんに提供するサービスの質が違います。
お金を借りる場合、総量規制は関係がありますか?
金融業者はすべて貸金業法に従って営業を行わねばなりません。貸金業としての登録のほか、総量規制の法律を守る義務もあります。この総量規制とは、収入の3分の1までしか貸し付けしてはならないというものです。つまり、借り入れできる上限は収入によって定められているということです。しかし、この総量規制対象外になっている金融業者もあります。それは、銀行です。銀行は総量規制対象外ですので、収入額に関係なく貸し付けを行うことができます。そのため、消費者金融で断られても、銀行であれば貸してもらえることがあるということです。特に専業主婦の場合、無職では消費者金融を利用できませんが、銀行であれば融資を受けられる可能性があるので問い合わせてみるとよいでしょう。
お金を借りたいけど無収入です。どうしたら?
基本的に無職の人は正式な金融系会社からお金を借りる事は例外でない限り不可能です。契約までに至らないのが現実です。会社側としては返済能力があるお客さんではないと契約しません。収入がないイコール、サービスを利用しても返済出来ないと見做されます。無収入の方が金融系会社と契約する場合、別の方の協力が必要です。契約するのは本人になりますが、万が一にお金を返す場合は別の方になるのが特徴的です。連帯保証人と似たような扱いですが、他の方の名義もなければ御本人様はクレジットカードを持つことが出来ません。協力者がいらっしゃれば話は変わります。配偶者(つまりあるいは旦那)、両親の内、返済能力がある方が対象になるのが基本的です。
ブラックでもお金を借りる方法を紹介します
銀行や貸金業者などと返済トラブルを起こして大きな迷惑をかけてしまうと、ブラックリストに名前が載ってしまいます。すると数年間真面目にやり過ごしてブラック状態が解除されない限り、もうお金を借りられなくなります。ちなみにブラックリストというリストは実在しません。それは、ものの喩えです。また、「ブラックでもお金を貸します」とか「ブラックOK」などという広告を見かけても、安易に手を出すべきではありません。なぜなら、その広告はヤミ金の罠かも知れないからです。

まずは貸金業登録番号を調べるなど、正規の貸金業者であることを確認しましょう。それまでは連絡も入れてはいけません。とにかくブラックでもお金を借りるには、ヤミ金に騙されないことが一番肝心なことです。

自己破産をしたら、次はいつお金を借りられる?
借金の返済が厳しくなると自己破産を行うことですべての借金の支払を免除してもらうことができます。お金に困っているときはとても便利な制度ですが、やはりデメリットもあり、自己破産後は10年程度は新たに借り入れをすることは難しくなってしまいます。それゆえお金に困らないよう管理はきちんと行うことが大事ですが、それでもお金に困ってしまうことはあります。自己破産直後では、新たに借り入れをすることは難しいですが、すでに何年も経過しているという場合は借入できる可能性もありますので、安定した収入を得ている、現在はお金のトラブルはないという人は申し込みも考えていきたいところです。大手業者の場合は審査が厳しく借入が難しいこともありますが、中小の業者の場合はより柔軟な対応をしていることが多く、借入できる可能性があります。
母子家庭でもお金を借りる方法はありますか?
母子家庭は一般的に経済的には恵まれないことが多いので助けが必要ですが、その状況が分かっているだけ金融機関にお金を貸してほしいと申し出ても、埒が明かないことが多いので、さらに苦しくなります。そこで公的には児童手当や児童福祉手当などの制度もありますが、どうしてもお金を借りたいということであれば、「母子父子寡婦福祉資金制度」を利用するという手があります。融資ですから返済しなくてはいけませんが、連帯保証人がいれば金利はかからないのでありがたい制度と言えます。保証人がいない場合は年利1%程度は必要です。事業に関連するもの・学校の授業料など・就労のため・子供の就職なども対象ですが、生活資金そのものということでも対象にしてもらえます。難点は時間がかかる点ですので、あらかじめ内容を市区町村などで確認してくのが賢明です。
サラ金やヤミ金に申し込みしてしまったら?
お金を借りるのに縁がない人にとってヤミ金とサラ金の違いが分からない人もいると思うので違いを説明します。サラ金は、現在の消費者金融の事を嘗て呼んでいた呼び名です。つまりサラ金は消費者金融の事なので、当然法律に則って金利を設定しているので、貸金業法が定めている違法金利を取る事はないです。サラ金から借りる事が出来ない人で、サラ金以外にからお金を貸してもらえる金融業者にヤミ金があります。ヤミ金は貸金業法を守っていない貸金業者で、十日で1割の金利が付くトイチなど違法な金利で貸し付けを行ってます。ヤミ金業者はトイチなどの違法な利息だけでなく、借金の取り立て方も違法な方法を用いる事がおおいので、闇金以外の業者からお金を借りた方が望ましいです。
お金を土日でも借りる方法はありますか?
土曜日や日曜日でも審査に対応している営業時間内であれば、即日融資が受けられる可能性があります。消費者金融の場合は土日にも対応している所が多いです。会社の定休日で在籍確認が難しい場合でも、必要最低限の借入を認めて後日確認ができれば正式な借入限度額を提示できることもあります。ただし、営業時間を過ぎた夜中や深夜の場合は審査ができないので、夜になる前に手続きをするようにしてください。混み合うことを考えて夕方までに申し込むのがベストです。既に申し込みを済ませてローンカードを発行している場合は、24時間atmから借入ができます。深夜で直営のatmが稼働していない場合も、24時間営業をしているコンビニや商業施設内に提携のatmが設置されていれば、借入が可能です。
トップへ戻る