外国人でも申込みできるカードローンとは?

日本に在留している外国人留学生や外国人労働者の方がお金を借りるのは容易ではありません。その理由は、銀行が実施するカードローンやキャッシングとなると、永住権がないと応募すらできないというケースが大半だからです。

 

しかし、諦める心配はありません。消費者金融が実施するカードローンやキャッシングを利用することができます。消費者金融からの借り入れは、銀行よりも外国籍の方に門戸が開かれています。在留カードさえ提出すれば、借り入れの申し込みをすることが可能です。

 

審査を通過するのポイントとなるのは、滞在期間の長さや安定した収入の有無、日本語力となります。消費者金融はお金を貸し出す以上、相手が確実に返済してくれるかどうかを審査で判断します。日本での滞在が長い人ほど信用が高くなりますし、安定した収入があれば返済してもらえる目処が立ちます。日本語力が求められるのは、後々トラブルになることを避けるためです。一般的に日本に長く滞在している留学生や労働者であれば、以上の条件はクリアできる可能性が高いと考えられます。

 

逆に絶対に行ってはならないのは闇金の利用です。闇金を利用すればお金を簡単に調達できますが、法外な金利を押し付けられる可能性が高くなります。最近では在留する外国人をターゲットとする闇金業者が増えているというニュースも耳にします。くれぐれも非正規の金融機関からの借り入れは行わないように注意しましょう。

トップへ戻る