自営業でも審査に通りやすいキャッシング&カードローン

個人事業主の場合は、株式会社などのように法人格がないため資金繰りのためにお金を借りるのは容易ではないとされています。自営業やフリーランスも同じことですが、金融機関からの借り入れは難しく、事業性の融資に限らず、無担保の個人向けカードローンですら厳しく、中には門戸を閉ざしているところもあります。

 

したがって、所属していた企業から独立し、起業するというような場合で、設備投資やイニシャルコストにお金が必要な場合は、まずは資金繰りの算段をする必要があります。比較的好意的に対応してくれる代表は信用金庫ではないでしょうか。地域に根差した地域定着型の金融機関という性質もあり、地元ならではの経済状況や中小企業の経営事情に明るく、敷居がそれほど高くないという特徴を持っているからです。

 

その他で検討に値するのは、日本政策金融公庫と中小企業制度融資と言えます。日本政策金融公庫は中小企業の資金調達の支援を目的としています。ただし、仕方ないことですが、手続きが結構大変で時間がかかります。中小企業制度融資は、各自治体が行っている中小企業向けの融資制度となります、こちらも手続きには手間暇がかかるので、それなりの覚悟が必要になります。

トップへ戻る