お金を借りるなら行政を頼ろう!役所に行って融資してもらう方法

お金を借りたいとき、銀行などの金融機関だけでなく役所など公的機関を利用する方法もあります。そこで、公的機関から融資を受ける方法について見ていきます。
まず、区役所・市役所などの行政機関を利用する方法です。一番有名なのは「総合支援資金貸付」で、これは単身者の場合月15万円までを上限として借りられる生活支援金です。保証人を用意すれば、無利子で借りることができます。保証人の用意ができなかった場合は年1.5%の利率で融資を受けることができますが、この場合もかなり安い利子であるため、金融機関と比べると利用しやすいのが特徴です。

 

続いて、公庫から国金を借りる方法もあります。銀行などの金融機関が貸し渋るようなところに対して融資をすることが理念であり、低利子でお金を借りることができます。また、生協を利用することも可能です。この場合生協に出資していることが前提条件ですが、出資金の中から必要な金額を減資する形で借りることができます。
最後に、福祉事務所を利用する方法もあります。これは自治体による貸し付けの制度で、一定の条件を満たすことで利用できます。審査基準は厳しめですが、通過すれば無利子で融資を受けることができます。

トップへ戻る