最短でカードローン審査を受ける方法

大手消費者金融や銀行が取り扱うカードローンは申し込みをしてから最短で即日キャッシングも可能なので急に現金が必要となった時に便利です。即日キャッシングをするための詳しい方法や申し込みの際の注意点、具体的な流れなどについて解説していきます。

 

カードローンには様々な申し込み方法がありますが、最短で即日キャッシングをしたい場合にはインターネットからの申し込みがおすすめです。各金融機関の公式サイトにアクセスし、専用のフォームに必要事項を入力してデータの送信を行うことで申し込みが完了します。
本人確認書類や収入証明書類などもインターネットから提出ができます。スマートフォンのカメラなどで書類を撮影し、アプリで提出したり専用フォームにアップロードすることで提出できるのであらかじめ運転免許証などを撮影しておくと良いですね。

 

その後は各金融機関所定の審査があるのですが、勤務先に在籍確認の電話がかかってくるので、しっかり備えておきましょう。無事に審査を通過した後はその旨が電話やメールで届くので、指示に従って契約締結手続きとローンカードの受け取りを行います。最近では契約手続きもネットでできるケースが多いので、急いでいる場合にはWeb完結で契約をしましょう。

 

免許証だけでお金は借りられる?

お金を借りる際はキャッシングやカードローンはいつでも好きな時間を利用して手続きができるのがとても便利です。そして、スムーズな借り入れをするためにも準備はきちんと行っておくことが大切です。必要書類の提出もありますので、どんな書類が必要なのかも確認しておきましょう。

 

まず、本人であることを確認する必要がありますので、身分を証明できる書類を用意しておきましょう。特によく利用されているものに免許証がありますし、免許を持っていない場合は健康保険証やマイナンバー、住基カードなどの身分証明書を用意しておきます。そして、ある程度まとまった金額を用意したい場合は収入証明書も必要となりますので、給料明細や源泉徴収など収入を証明できる書類の提出も必要です。

 

お金を借りるということは重要な手続きとなりますので、その方法によっては実印や印鑑証明が必要となることもありますが、キャッシングやカードローンの場合は印鑑証明や実印は必要ありません。より手軽に借り入れをしたい場合は身分証明書や収入証明書の提出で手続きができるカードローンやキャッシングを選ぶことがおすすめです。比較的少額の借入であればこうした借入のほうが手続きもスムーズで、融資も迅速に行われます。

 

審査通らない人がやってしまっている事とは。

キャッシングやカードローンを利用する際には、必ずお金を借りる審査というものがあります。この審査ですが、申し込みをすると、まず信用情報に照会するということから始まります。信用情報とは一般的にブラックリストと呼ばれているもので、金融業者が融資をする際にのみ見ることができる、特別な情報です。たとえば、債務整理を行って自己破産や任意整理をしていれば記録されていますし、他社からの借り入れや滞納している情報なども知ることができます。

 

そこで、もし問題が発覚すれば審査通らないという結果になります。特に問題がなければ、今度は返済能力の確認になります。これは、勤務先への電話による在籍確認で行われます。最後に、身分証明の提出と本人確認の電話があり、滞りなく済めば審査に通過するという流れです。子の審査ですが、一般的に銀行系は厳しく、消費者金融のほうが審査が甘いといわれています。銀行ではアルバイトやパートの収入では融資を断られる場合もありますが、消費者金融であれば「何らかの収入があればよし」としている場合があります。ですので、銀行で断られたとしても、あきらめずにほかの金融業者に申し込みをしてみるとよいでしょう。

トップへ戻る