【お金を借りる方法】専業主婦でも総量規制対象を無視して借入

専業主婦だと、収入がないのでお金を借りることができないと考えてしまいます。確かに消費者金融だと、総量規制の問題もあり、収入がないとお金を借りる事ができません。どうしてもお金が必要になったら銀行系カードローンに申し込みするのがベストです。銀行系カードローンは、本人に収入がなかったとしても配偶者に収入があればお金を借りることができます。配偶者の借り入れ状況や勤務年数、収入に問題がなければたとえ専業主婦だとしても融資を受ける事は可能です。

 

銀行系カードローンの場合、金利も低いので返済の時を考えたときにも安心できるでしょう。事前に夫婦でお金の相談を頻繁にしている人であれば、相談を行ってみてください。逆に旦那に相談を行っていない人は、すぐにでも相談を始める必要があります。融資の申し込みをするときに、旦那の収入を証明できる書類を提出する必要があるからです。銀行カードローンは総量規制対象とはなっていませんが、貸しすぎを防止するために自主的に融資の額を抑えている傾向にあります。その結果、無駄にお金を借りてしまう心配がなくなり借金を増やしてしまう心配はなくなってきます。自身の生活を守るためにも安心になります。

トップへ戻る